もっと知りたいスキンケアナビゲーション


もっと知りたいスキンケアナビゲーションブログ : 2017/02/04


インキンタムシというのは、医学上は股部白癬と呼び、カビの一種の白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、
臀部などにうつってしまい、寄生してしまった感染症のことで即ち水虫のことです。

汗疱状湿疹は主に手の平や足の裏指の間などに小さな水疱が現れる症状で、
通常は汗疹(あせも)と言われ、
足裏に出現すると足水虫と混同されることが多くあります。

緊張型頭痛というのは肩こりや首の凝り、
張りが素因の肩こり頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような痛さ」「頭が重苦しいような耐え難い痛さ」と言い表される症状が特徴です。

下が90以上の高血圧が長期間継続すると、
全身の血管に重いダメージがかかり、
頭から足までいろんな血管に障害が起こって、
合併症になる公算が拡大します。

人の耳の構造は、大まかに「外耳」「中耳」「内耳」の3種類に大別することができますが、
この中耳の辺りにばい菌やウィルスがうつって炎症ができたり、
液体が溜まる症状を中耳炎と言うのです。

一見すると「ストレス」は、「溜めてはいけないもの」「排除すべきもの」と敬遠しがちですが、
現に、私たち人は色々なストレスを受けるからこそ、
生き延びていくことが可能になるのです。

20代、30代で更年期が来たとすれば、
医学用語では「早発閉経(early menopause)」という疾患に当てはまります(日本の場合は40才以下の女の人が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(early menopause)」と称します)。

寝姿を見ることなどで、高齢者が猫のことを可愛いと思うことによって「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌され、
ストレス軽減や癒やしに繋がっているのです。

塩分と脂肪分の摂り過ぎはやめて無理しない程度の運動に努め、
ストレスの多すぎない毎日を心がけることが狭心症の元凶となる動脈硬化を防ぐ知恵なのです。