もっと知りたいスキンケアナビゲーション


もっと知りたいスキンケアナビゲーションブログ : 2016/09/20


くも膜下出血(SAH)とは90%弱が「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管の不必要な瘤(こぶ)が破裂して出血することが要因となって引き起こされてしまう恐ろしい病気だと認識されています。

下腹部の激痛がみられる主な病気には、
虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、
尿管などに結晶ができる尿路結石症、
大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、
様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、
卵管の病気など、様々な病名が挙げられるようです。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、
すなわち円い形をした真紅色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、
皮膚のトラブルの総合的な名前ですが、
病因は実に多種多彩なのです。

結核の原因となる結核菌は、患者さんが「せき」をすることによって室内に振りまかれ、
空中でフワフワ浮かんでいるのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことにより次々に感染します。

上が140以上、下が90以上の高血圧が継続すると、
体中の血管に大きな負担がかかった挙句、
体中の色々な場所の血管に障害が発生して、
合併症を招く公算が拡大するのです。

「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、
身体の中の脂肪が占める比率のことを言い、
「体脂肪率(percent of body fat、
%)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(キロ)×100」という計算で算出することができます。

気が付くとゴロンと横向きになったままでTVを視聴していたり、
デスクの上で頬杖をついたり、ハイヒールなどを毎日のように履くという習慣的なことは体の上下左右の均衡が悪くなる元凶になります。

むねやけが主訴である逆流性食道炎は、
食事内容が欧米化したことに加えて喫煙する事・お酒を飲むこと・肥満症などのライフスタイルの悪化、
ストレスなどにより、殊に日本人に多く発症している疾患の一種です。

アメリカやEU圏では、新しい薬の特許が満了した30日後、
市場のおよそ80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に取って代わるような薬もあるというくらい、
後発医薬品は世界各国で親しまれているという現実があります。